MACの法則

MACの法則

MACの法則というのは、目標や計画を達成するのには、
共通の3つ
法則があります。

1.MEASURABLE(メジャラブル)測定可能であること
2.ACTINABLE(アクショナブル)行動可能であること
3.COMPETENT(コンピテント) 自分の価値観や目的に合っていること

1.MEASURABLE(メジャラブル)測定可能であること

目標を立てたとき、その目標が数字で測定できるかどうか?
例えば、「やせたい」ではなく「何キロ減量する」とか
「何キロになる」のような感じで、
あとはそれに期限を決めて,「〇月〇日までに」といった感じに目標を設定しましょう。
目標を達成できない理由の多くはこの「いつまでに」が大切です。

2.ACTINABLE(アクショナブル)行動可能であること

その目標を達成するために行動計画を立てて
戦略を立てる。事前準備のなかで、何をすれば
良いのを具体的にして、行動に移すことが大事です。
プロセスを考え、想像し、解決策を導き出すこと大切な事前準備になります。

3.COMPETENT(コンピテント) 自分の価値観や目的に合っていること

これは自分の価値観にあっているかということです。
自分の好きなことや得意なことをやっても、自分の価値観にあっていなければ、
せっかく目標をせっかく達成しても
何か違うと感じてしまったりするかもしれません。

この3つの頭文字をとって
MACの法則といいます。
これはアイントホーフェン工科大学が、
たくさんの論文のメタ分析をしたところから見つけ出した法則なので、
科学的信頼性はかなり高い法則です。
目標を設定するときは、このMACの法則を思い出してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本最強の目標達成プログラム 大谷翔平が今も使っている 『原田メソッド』認定パートナー メンタルトレーニング1級 コミュニケーション心理学1級 アクションクラブ専務兼中部事務所代表 個人とチームを活性化 Officeメーローサービス代表